MICROCOSMOS
top/info&map menu event party plan blog recruit about us ミクロコスモスモバイルサイト
event
Mar 2018 << Calendar Next month >>
2018.3.2 Fri. John's By JOHNNY presents"「JOHN'S WORLD 」
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist JOHNNY friends+Special Guest DJ


東京ストリートを語る上で欠かせない存在JOHNNY(ジョニー。)
PHENOMENONにてプレス、SWAGGERにてデザイナーとして10年以上のキャリアを積み2013年秋冬コレクションより自身のブランドをスタート。
またラップユニット「リトルトーキョー」でフロントマンを務めてる。
JOHNNYはTOKYOストリートを代表するファッションアイコンとして絶大な支持を集めているなど常に時代を先行してきた彼の世界観が垣間見れるパーティーだ。

<< Calendar

2018.3.3 Sat. Superb
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP/DANCE
・Artist DANCE SHOW:
BROWN SUGAR
SODEEP (OHISHI & SUBARU)
PRIME TIME
HEAP BURN

DJ:
KEN-SKE
TOYO(WITT)
YO-SIN
Changyama

MC
KUNI (KAMIKAZE CLOWNZ)


DJタイムとダンスショーケースという組み合わせで一晩を演出し、あらゆるクラウドを魅了しているパーティー"Superb"!今回もSpecialなDancer達が出演予定だ! KEN-SKE,TOYO,YO-SIN,ChangyamaのDJ陣と共に一晩を盛り上げる。3月3日ひな祭りの土曜日は踊りに、飲みに、騒ぎに、ぜひMICROCOSMOSへ!

●ARTIST PROFILE
KEN-SKE
新たなスタイルやフォーマットの登場で、いまや誰もが『DJ』と名乗ることの出来るこのご時世・・・この現象は数多の似非(エセ)DJを量産する事態を引き起こしている。 DJ KEN-SKEはモデルでもセレブでもなくトラックメーカーでもない、根っからの現場重視のクラブDJである。 HIP HOPやR&B・REGGAEはもちろんのこと、HOUSE・ELECTRO・DISCO・SOUL・FUNK・RARE GROOVE・TOP 40等、現場に応じて様々なジャンルや年代をブレンドした彼のスタイルは、一般層からクラブフリークまでをもロックし、各所で賞賛を得ている。 また、第一線で活躍するDANCERやDJ、プロモーター等の業界関係者からも熱い支持を受けており、年間100本以上のバーティーでプレイし、国内はもとより国外の著名DJからの信頼も厚い。 パーティーの規模も種類も、はたまた国境や人種も、あるいは時空をも飛び越えて広く深くカバーする力量は驚愕に値する。 そして今も変わらずレコードへの愛情を持つ数少ないDJの中の一人であり、なおかつデータ音源やラップトップ等のデジタルツールも積極的に取り入れる、いわばアナログとデジタルのギャップを繋ぐ架け橋の様な希有な存在である。 現在、HIP HOPの聖地として名高い渋谷のCLUB HARLEMにて長年続く、毎週火曜日開催のモンスターイベント『RED ZONE』の階上、BX CAFEにて『ROYAL FLUSH』という名のパーティーのレジデントDJを務め、古きよき時代のRAPや、DISCO・HOUSE等のダンスミュージック全般のさらなる探求を実践しているが、それは単なる懐古主義とは一線を画すもので、彼のミュージック・ライフが現在進行形で反映されたものとなっている。 その一例として、ストリーミング番組の中でも屈指の人気を誇る『DOMMUNE』に出演し、オールヴァイナルで90’s HOUSEのセットを披露、延べ10000人近い目/耳の肥えたビューアー達から高い評価を得た。 また、前述した『RED ZONE』でも不定期でプレイしている他、CLUB AXXCIS『GOLDEN GATE』のような週末のメインストリーム主体のビッグパーティーや、CLUB BAR FAMILY『JETER』のようなアットホームなパーティー等でも活躍中。 制作面では2010年にZEN-LA-ROCKの『MASH-LA-ROCK』にてMIXを担当。世間のおおよその人間を裏切るような想定外のサウンド/キャスティングによってFUNK布教に加担した罪は大きい。 「ゆりかごから墓場まで、iPODからアリーナ級の大箱までをもロックする」がモットー。 B-BOYスタンスで多方面にアプローチし続ける、今後の活動も要注目のDJである。
TOYO
多様なジャンルの音楽知識を持つTOYOはその豊富な知識をいかした幅広い選曲であらゆる場所、いかなる時間でもROCKしている。それは大小様々なCLUBやLOUNGE,BARなどで、MAIN TAIMEはもちろんOPENからCLOSEまですべての時間帯においてである。TOYOのDJ PLAYは幅広い年齢層のクラウドから支持されており、その実力も実証済みである。CLUB HARLEMにて毎週金曜日に開催されていた『The Finest』に2008年よりレギュラーとして加わり、その後の『PUNCH OUT!!!』でもレギュラーをつとめていた。その他にも、NYのDJ / プロデューサーであるELI ESCOBARの2012年と2013年に行われたJAPAN TOURを企画し共にDJをするなど、海外のDJとの競演からNIKE, FRANK, MISHKAなどのカルチャーの発信源となるイベントなどでもPLAYした経験がある。今現在もレギュラーイベントから単発のイベント、HIP HOPのPARTYからHOUSE,DISCOのPARTY等、年間多くのDJを東京を中心に全国各地で行っている
http://djtoyo.blogsopt.jp/

YO-SIN(M_P_S)
HIP HOPのプロダンサーとして、米国New YorkやLAでの経験も活かし、東京を中心に活動(ZOMBIE KIDS、7☆所属)、ソロダンサーとしてもステージで活動するほか、テレビ出演、アーティストのコリオグラフ(振り付け)、演出、プロデュース、モデルの分野でも活躍中。またダンサー専門のマネージメントオフィスも設立し、人生すべてをダンスに注ぐ熱いダンサーの一人である。
Changyama
ファッションとカルチャー、そしてダンスを融合させた「ANDRE」「KEEPER」「CHANGYAMA」「KANE$ THE MOON」「LEEGET」の5人からなる次世代を代表する神出鬼没的ダンス集団『BIGDOGSS』のメンバー。メンバーそれぞれがダンサーとしての活動だけでなく、アーティストやグラフティックデザイナー、DJ、フォトグラファーとして活躍している。独特の目線でカルチャーを捉えたShow Caseは、HIP HOPを軸に”マチガイナイ”パフォーマンスでフロアーをロックし続けており、2015/10/10には念願の『BIGDOGSS』メンバー自身のセレクトショップ【Blue corner】を洗足にOpenさせる。また近年では最強スーパーダンスチーム『J.S.B Underground』のメンバーとしても活動中。

<< Calendar

2018.3.9 Fri. FUNKY MAGIC
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ:
KSK(BEARARMZ)
CO-HEY
ISHIKAWA(prpr/YENTOWN)
SEIYA(BEARARMZ)
North
KAI


DANCE UNIT『BEARARMZ』のKSKがオーガナイズするFUNKY MAGIC!!
『DANCE』をテーマに新旧問わずHIPHOP、R&B、HOUSE、FUTURE BASS等幅広くダンスミュージックが楽しめるPARTYだ!
決定出演者以外にも当日飛び入りアーティストが現れるかもしれない。
呑んで踊ってみんなで乾杯しよう!!

<< Calendar

2018.3.10 Sat. NICE TIME
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ:
SHO (WACKO MARIA)
MAYU KAKIHARA
MAGNAROID
KAZ EGG
TATSU (DLX)
TOSHIO SASAI
PELP (WACKO MARIA)
SHIMO (WACKO MARIA)
YUHEY (WACKO MARIA)


<< Calendar

2018.3.16 Fri. RELATIVE-04-
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre TECHNO
・Artist RESINDENT:
MARIA FUJIOKA

ACT:
Do Shock Booze (live set)
Moc (powers)
shintalow ( hikoukigumo / JAZZYSPORT)


華やかなハイブランドのパーティのDJや代々木VILLAGEでレコードのセレクターを務めるなど、常に音楽を追求するミュージックトラベラー”MARIA FUJIOKA”のレギュラーパーティ”RELATIVE”。
毎回上質な音がフロアを包み込む至極の空間は一度は体験して欲しい。

●ARTIST PROFILE
MARIA FUJIOKA
CHANELやアルマーニを始めとするハイブランドのレセプションパーティーを中心に活躍中のDJ MARIA FUJIOKA。 代々木VILLAGEでレコードのセレクターを務めるなど、常に音楽を追求するミュージックトラベラー。 2015年夏、野外テクノフェス「SLEEPING BAG OPEN AIR PARTY 」に出演し彼女の実力は評価された。同年、期間限定でオープンしたポップアップストアーCORONA SUNSETS BAR HARAJUKU のレジデンドDJに就任。自身にとってのクラブミュージックの原点でもある Techno/Minimalを軸としたDJスタイルが特徴。その持ち前の華やかさとセンスで多方面からのオファーを得ている。

<< Calendar

2018.3.17 Sat. GRACE 2nd Anniversary
・Open 23:59
・Charge 2,000yen(ND) W/F 1,500yen(ND)
・Genre DRUMN BASS
・Artist Special Guest
DJ SODEYAMA -Exclusive DRUM'N'BASS DJ Set-

GRACE Resident
YMASA
coffa
ASSIGN

Featuring DJ
KMTR B2B Aya

Photo
tatsuki nakata


唯一無二のラインナップ、エクスクルーシブプランニングにより、 DRUM'N'BASSシーンに一石を投じるべくローンチされた【GRACE】。
いままでにDJ MAAR、ALYN、DJ RS、DJ SODEYAMA、井上薫、SEKITOVA、KITONOA、TAAR、hyota.、KINKY GROOVE、オロカモノポテチをGuestアーティストとして招聘し、Exclusive DRUM'N'BASS Setを公開。
シーンに新しい風を吹かせ、DRUM'N'BASSの新たな可能性を見出し続けている。
2周年を迎える【GRACE】には、前回出演時に3台のCDJとエフェクトを自在に操りDRUM'N'BASSの常識にとらわれない圧巻のプレイを披露したDJ SODEYAMAが再び登場。
更に研ぎ澄まされた感覚とスキルで表現される彼のDRUM'N'BASS SETは見逃せない。
更に今回はレジデント陣に加え、ハイクオリティなトラックメイキングで海外優良レーベルとサインを続けるKMTRと、Human Elementsを軸に活躍し、類まれな選曲センスとMIXスキルを持ち合わせるAyaのB2B SETでラインナップ。
従来のDRUM'N'BASSパーティとは一線を画する、他類を見ないラインナップとコンテンツで作り出す優美で上質な空間をぜひ【GRACE】で体感して欲しい。

====

GRACE is a special concept DRUM'N'BASS party.
We try to beyond music genres.
Guest artist from other genre plays exclusive DRUM'N'BASS DJ set only for GRACE.
DJ SODEYAMA will be performing as a special guest for 2nd anniversary of GRACE.
He have already played incredible exclusive DRUM'N'BASS DJ set with 3 CDJs and advanced effecting past GRACE.
We can't help expecting his evolved performance in this time as well.
You must become a DRUM'N'BASS lover even if you are not good at listening to DRUM'N'BASS!!


●ARTIST PROFILE
DJ SODEYAMA
自身のレーベル『ARPA records』とレーベルショーケース『ARPA showcase at WOMB』を主宰。日本全国のクラブやフェスティバルでプレイし、日本最大の屋内レイブ『WIRE』には3年連続(11&12&13年度)で出演。韓国、台北、北京、香港、ドイツ、オランダ、イギリス、ギリシャ、オーストリア、カナダ等でもツアーを敢行するなどワールドワイドに活動している。数多くのレーベルからオリジナル及びリミックス等の作品をリリース。2011年には世界最大手ダンスミュージックディストリビューター『wordandsound』配給のもと、自身の新レーベル『ARPA RECORDS』(アナログ&デジタル)を立ち上げる。第1弾リリース『DJ SODEYAMA / MILES』はNICK CURLYがリミックスを務め、第2弾以降もGLIMPSE、RADIO SLAVE、TIM XAVIER、CHRISTIAN BURKHARDT等の強力なリミキサーを迎えた内容で注目を集める。SVEN VATH、RICHIE HAWTIN、LOCO DICE、JOSH WINK、DUBFIREをはじめとした世界中のDJ達がプレイ。自身の名義の他にダウンビートプロジェクト『LO:BLOC』としてアルバム『FROM NORTHERN CLIMS』を2009年にリリース。
2013年に新たに始動したニュープロジェクト『THE PEOPLE IN FOG』としての1stアルバム『A RAY OF LIGHT』のリリースを切っ掛けに、アムステルダムを拠点とするレーベル『SOUND OF VAST』から『DEEP EP』をリリース、オランダで開催されている世界最大のフェスティバル『ADE』に招聘される。2015年秋にはDJ SODEYAMA名義としては8年振りのニューアルバム『TWELVE PROCESSING』のリリースや、12月にはNINA KRAVIZのレーベル『трип』からリリース。多角的視点からのエレクトロニックミュージックを軸とし、唯一無二の世界を創りあげるアーティストである。

YMASA
YMASA
2008年よりDJとしてのキャリアをスタート。
2010年11月、23歳の若さでアジア最大のDRUM'N'BASSパーティー、【06S@WOMB】のメインフロアでプレイ。
その後間もなく同パーティのサブレジデントDJに抜擢。
DRUM'N'BASS界を代表するトップアーティストとの共演を重ねている。
2011年、WOMB 11TH ANNIVERSARYにて、国内TOP DRUM'N'BASS DJであるDJ AKiに若き才能を見出され、PICK UP。
その舞台でB2B DJ SETを行い、オーディエンスを熱狂の渦に誘い込み、多くの賞賛を浴びる。
2012年、イギリスを代表するハイストリートファッションブランドTOPMAN主催のDJコンペティションでは、激戦の末、全国2位の結果を収める。
2015年、日産スタジアムで開催されたローソンpresentsエンタランのメインプログラム「BPMランニング」を総合プロデュース。
同年、世界最大級のダンスミュージックフェスティバル「ULTRA JAPAN 2015」への出演を果たした。
現在は06Sを軸に、ジャンルに縛られることなくフレキシブルに活動中。

He started doing Karate as he was influenced by his father when he was 6-year-old.
The training menu of the Karate club was really futuristic, and always had loud music.
Then he realized that dance music could uplift him emotionally and physically.
Since he thought he would like to convey and share the wonderful music to more people, he started his career DJing spring of 2008.
After that he was shocked deeply knowing DRUM’N’BASS at Shibuya WOMB, and devoted himself to it. He provides stimulations to the dance floor by choosing flexible and unconventional DEEP, HARD, and MELLOW music.
In 2010, he played music at the main floor of a DRUM’N’BASS party [06S@WOMB] which is the biggest party in Asia when he was only 23-year-old.
Soon after that he was selected for the sub resident DJ of the party. He has performed with top artists who are representative of DRUM’N’BASS.
He got 2nd prize by a narrow in the DJ competition sponsored by TOPMAN which is high street brand representing England in 2012.
In 2015,he produced [BPM RUNNING] which is main program of LAWSON presents ENTERUN at International Stadium Yokohama.
In the same year,he played for [ULTRA JAPAN 2015] such as one of the biggest dance music festival all over the world.

<< Calendar

2018.3.20 Tue. WAVE
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist [LIVE]
DAIA
rotary

[DJ]
T.MATSUMURA
YU-EXPRESS
and WAVE CREW


来週3/20(祝前日の火曜日)のミクロコスモスイベント情報!!
2018.3.20(火) WAVE @microcosmos
ビーチカルチャーイベントWAVE vol.11。今回は春分の日の前日に開催です。
これまでに、《DIRTYKRATES a.k.a ZEEBRA》、《JESSE from.RIZE》、《Spinna B-ILL》、《菊丸 from CANDY TOWN》、《Kダブシャイン》、《KEN THE 390》といった豪華アーティスト達がLIVE、DJで出演。
今回は、AbemaTVのラップオーディション番組「ラップスタア誕生」のシーズン1で見事優勝し、300万を掴み取った沖縄のラッパー・DAIAがWAVEに初登場する!乞うご期待!

<< Calendar

2018.3.23 Fri. Don't front
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(ND) W/F 1,500yen(ND)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist LIVE:
極 on the beats 
Weny Dacillo 

DJ:
K27T (CLBUN) 
RiKiYA(Youth Quake)
TARO (PIGALLE) 
KASUMI (MAGIC STICK) 
at 
kaito


今回初めて開催のDon't front
New generationにこだわり若手を集め、これからのストリートシーンをもっと盛り上げていけるイベントになること間違いない!
今回のDon't frontは、LIVEで「極 on the beats」「Weny Dacillo」を招き豪華なラインナップなっている。
是非、飲んで踊って楽しんでください!!

<< Calendar

2018.3.24 Sat. INSANE
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist LIVE:
Jin Dogg
KICK A SHOW


DJ:
DaBook
KM
K27T
ShioriyBradshaw
KOUKI
D-STREAM
KRKW


大阪生野区出身のラッパーJin Dogg(ジンドッグ)と、渋谷・中目黒などを中心に活動するシンガー Kick a Show(キッカショウ)が3月24日に渋谷ミクロコスモスにLIVE出演決定!!!!
彼らの空気感を身近で感じて欲しい。
それを取り巻くDJ軍には、Dabook、KM、K27T、ShioriyBradshaw、KOUKI、D-STREAM、KRKWと選りすぐりのメンバーがパーティを盛り上げる!!


<< Calendar

2018.3.30 Fri. TOKYO ROLL UP Vol.2
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1.500yen(1D)
・Genre ALL GOOD MUSIC/ALL GOOD PERFORMANCE
・Artist Performance
男衆(Double Dutch)
TATSUYA(Human Beatbox)
SHU(Yo-Yo)
LUCIFER(House Dance)
GENDAI(Animation Dance)
ONJUICY(LIVE)
TOKYO FSBB(Freestyle Basket Ball)
fortissimo(Freestyle Basket Ball)

DJ
IKU
DaBook
I-BEAR’
DRANK
HARU


ストリートに存在する様々なパフォーマンスカルチャーをミクロコスモスにロールアップ!
大盛況だった第一回目に引き続き、更に豪華メンツで最高のパーティーをお届けします!
2020を目前にした今、世界で活躍する日本のダンサー、パフォーマーが集いお互いを刺激する異次元な時間を是非体験しに来て下さい!

<< Calendar

2018.3.31 Sat. SOMEHOW
・Open 23:30
・Charge 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP
・Artist GUEST DJ
PRINCE KLASSEN (A Wild Combination / from USA)
KEN-SKE

DJ
CO-HEY
SHOW_Schott
UDAGAWA
SCOOBY with YO-SUKE
SHINGOSTAR


2018年より新しくミクロコスモスでスタートした”Somehow”
毎回各シーンでのキーマンをゲストに呼び今のトレンドをいち早く配信。
イベント名の通り”不思議と”はまってしまうパーティを是非体感してみては。

●ARTIST PROFILE
PRINCE KLASSEN (A Wild Combination/USA)
アメリカ・テキサス州出身、そして現在ニューヨークのブルックリンに在住のPrince Klassenは、この20年間で国内外を問わず全国津々浦々でDJとして活動をしてきた。14歳という多感な時期からDJの世界にのめり込んだ彼は、ターンテーブリストとしてのスキルだけではなく、パーティーをロックしたり、雰囲気に合わせて選曲するといったフロアコントロールに卓越しており、ハウスやヒップホップからサルサやディスコ、それらに関連する全ての音楽に至るまで、選曲の懐の深さは底無しである。彼のここ最近のレギュラーパーティーは、ニューヨークにおいて最長かつ最大規模のイベントの一つ であり、14年間に渡りニューヨークの最重要イベントとして名を馳せているThe Rubというパーティーで、彼に白羽の矢が立ち、大抜擢されたのだった。
DJ以外では、世界的に有名なDJ達の憩いの場であり、文化の発信地でもあるTurntable Labのマーケティングディレクターとして、また、ロングランのポッドキャストの一つであるTurntable Lab Radioにおいても活動を垣間見ることが出来る。また、The Ace HotelやAgenda、Adult Swim、Red Bull Music Academy、Fader Magazine、Complex Magazine、Stones Throw RecordsそしてFool's Gold Recordsといった革新的なブランドと共に働くことで、新たな市場おいても彼の影響力を広げてきた。
Hannibal BuressやPusha T、Elijah Wood、Matt and Kim、Neon Indianや数多くの世界トップレベルのDJ達とも共演した経験を持ち、今もなおPrince Klassenは日々の生活の中で、そしてダンスフロアで止まることなく動き続けている。

KEN-SKE
新たなスタイルやフォーマットの登場で、いまや誰もが『DJ』と名乗ることの出来るこのご時世・・・この現象は数多の似非(エセ)DJを量産する事態を引き起こしている。
DJ KEN-SKEはモデルでもセレブでもなくトラックメーカーでもない、根っからの現場重視の『DJ』である。
HIP HOPを中心に、現場に応じて様々なジャンルや年代をブレンドしたDJスタイルは、パーティーの規模も種類も、はたまた国境や人種も性別も、あるいは時空をも飛び越えて広く深くカバーする懐の深さで、クラウドやクライアントはもちろんのこと、業界関係者や同業者、共演したJUST
BLAZEやMARLEY MARL、STRETCH ARMSTRONG等、レジェンド達からも賞賛を得ている。
「ゆりかごから墓場まで、ヘッドフォンからアリーナ級の大箱までをもロックする」がモットー。
完璧なビートへの飽くなき探求心とファンク魂を携え、今日もB-BOYスタンスで多方面にアプローチし続けている。
CO-HEY
知人の影響でFunk,Soul,Roots Reggaeに魅了され7インチレコード集めが趣味で音楽没頭し、福岡の高校卒業と同時に知人の影響でDJを始める。
渋谷HARLEM,渋谷VISION,新木場ageHaを始め、名だたるCLUBで現場をこなす。
渋谷HARLEMで毎週開催されるRED ZONEにて5年間レギュラーでPLAYし2週目にBXCAFEで開催される80S、HOUSE,DISCOをコンセプトとしたイベントORANGE BLOODに出演。
最近では新木場ageHaでおこなわれた自身がオーガナイズに関わっているThe Rulers Backでも成功をおさめた。
LIVE DJ ではメジャーデビューを果たしたJya-MeのバックDJとしても活動し、 多方面ではアパレル関係などのレセプションパーティー等での幅広い分野でのDJ出演をこなしている。
HIP HOPを軸に新旧ジャンルにとらわれず独自の感覚で、どんな時間にも対応出来る彼の選曲の幅の広さは同業者からも指示を得ている。 これからの彼の動きに期待。
SCOOBY with YO-SUKE

SHINGOSTAR


<< Calendar