MICROCOSMOS
top/info&map menu event party plan blog recruit about us ミクロコスモスモバイルサイト
event
May 2016 << Calendar Next month >>
2016.5.2 Mon. AHO BIRTHDAY
・Open 24:00
・Charge DOOR 3,500yen(ND) ADV3,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist SPECIAL GUEST:
MARC PANTHER from globe

ACT:
軟式globe。’14
and more


「そうだよアホだよ♪」のフレーズでお馴染みの、軟式globe。’14の三代目パークマンサーが・・・社長になっちゃいました。会社名は「AHO(えー・えいち・おー)」です。アホではないです、えー・えいち・おーです。 な・の・で 会社設立パーティを、勝手にパークマンサーの誕生日会とかぶせてみました。 ぜひそんな記念すべき日に、お祝いがてら渋谷のミクロコスモスに遊びにきていただけると辛い(さいわい)です! *パークマンサー社長による企業説明プレゼンも行う予定です。」

●ARTIST PROFILE
MARC PANTHER
フランス・マルセイユ出身。父親がフランス人で母親が日本人のハーフ。日本語、フランス語、英語のトライリンガル。15歳で、ハイファッション雑誌「メンズ・ノンノ」初代専属モデルとして活躍。瞬く間に日本のモデル史に名前を刻み、ハーフモデルの第一人者となる。更に、MTVネットワークスの音楽専門チャンネル「MTV」の初代VJ(音声と映像の番組の司会者)として活躍。名実共に日本音楽史に名を残すモンスター音楽3人ユニットである「globe」のメンバーとして活躍。デビューアルバム「globe」は400万枚を売り上げる。ダブルミリオンを記録した「DEPARTURES」を始め、「Can't Stop Fallin' in Love」「FACE」など多数のメガヒットシングルがある。日本を代表する歌番組「紅白歌合戦」出場を果たす。1stシングル「Feel Like dance」(オリコン初登場3位)デビュー。「Joy to the love (globe)」(オリコン初登場1位)、「SWEET PAIN」(オリコン初登場2位)とデビュー間もなく、いずれも約100万の数の売り上げる音楽ユニットとなる。記録となるヒット作を連発した。特に「DEPARTURES」は売上230万枚を売り上げる。アルバム通算売り上げが、わずか3作品で1000万枚に達し、日本音楽史上最短記録を作る。日本初の大阪、福岡、名古屋、東京4大ドームツアーを敢行。100万人以上を動員。香港にて行われた中国返還1周年式典記念式典に、音楽親善大使として招待され、同式典でglobe、GRACE、Oliviaと共に出演。海外でのライブやイベントなどに多数出演。メンバーの一人である、KEIKOが療養中の為、多数のファンの為に「globeの灯火を消さない」為にDJを始める。世界的にも有名なクラブであるWombやageHaにてゲストアーティストとして観客を大いに盛り上げている。
ファットボーイ・スリム(FATBOY SLIM) が、イギリスのブライトンで2001年と2002年に開催したピーチパーティーであるBIG BEACH BOUTIQUE の日本版として開催された日本最大のビーチフェスティバルである『BIG BEACHFESTIVAL 』に開催当初から出演し、2万5000人の観客を大いに盛り上げた。海外では、ロスアンゼルスやパリやモナコなどでプレイ。DJ界でも、名実共に日本のトップDJのひとり。
軟式globe。’14


<< Calendar

2016.5.3 Tue. MECCA
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist GUEST DJ :
DJ Jr.

DJ:
MASAYA
SHOW_Schott
ANDRE
CHANGYAMA


SHOWCASE:
BEARARMZ
COCONUTS BOMBER
SAKI+SAKURA
BIGDOGSS


毎回ハイクオリティなポフォーマンスと、楽しい空気感が溢れるMECCA。
現在のストリートとダンスをつなぐ最重要チーム”BIGDOGSS”のホームイベント。今回はGUEST DJにDJ Jr.を迎え、SHOW CASEではBEARANMZ、COCONUTS BOMBER、SAKI+SAKURA、BIGDOGSSが登場。昨年のゴールデンウィークに続き熱い夜になることは間違いないだろう。

<< Calendar

2016.5.4 Wed. CREEP
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1D)
・Genre HIP HIP
・Artist DJ:
TAISUKE
YU-KI
MAD
CHIHIRO
JUMBO


GWのMICROCOSMOSに現在注目のHIP HOP DJが集まるパーティが開催される。
彼らの名前も見ない週はないと言えるほど数多くのDJをこなし続け、確実なスキルと豊富な経験を備えるDJが織り成す一夜を注目したい。

●ARTIST PROFILE
TAISUKE

JUMBO


<< Calendar

2016.5.6 Fri. "John's by Johnny presents"「JOHN'S WORLD 」
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
Johnny and Frieds


PHENOMENONのプレス、SWAGGERにてデザイナーとして、近年では神出鬼没のラップユニット「LITTLE TOKYO」のフロントマンとしても活躍するJohnny。13年秋冬コレクションより満を持して新たなファッションレーベル「John's by johnny」を始動するなど常に、時代を先行してきた彼の世界観が垣間みれるパーティ。

<< Calendar

2016.5.7 Sat. Superb
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP
・Artist DJ
KEN-SKE
TOYO
MAMIZO

DANCE
YALLOW YELLOW
KO-TA & RYUMA
VIVÁROUGE
LAND

MC
KUNI (KAMIKAZE CLOWNZ)


2014年の3月から奇数月の第一土曜日に開催している"Superb"!
毎回、DJタイムとダンスショーケースという組み合わせで一晩を演出し、パーティー初心者から耳の肥えた人まで、あらゆるクラウドを魅了している。
今回はGW真っ只中!YALLOW YELLOWを筆頭にダンスショーケースに豪華な4組が登場。
DJには幅広い選曲と確かなスキルで活躍するKEN-SKEとTOYOに加え、紅一点MAMIZOがフロアを盛り上げる。
5月7日の土曜日はぜひMicrocosmosへ!


●ARTIST PROFILE
KEN-SKE
新たなスタイルやフォーマットの登場で、いまや誰もが『DJ』と名乗ることの出来るこのご時世・・・この現象は数多の似非(エセ)DJを量産する事態を引き起こしている。 DJ KEN-SKEはモデルでもセレブでもなくトラックメーカーでもない、根っからの現場重視のクラブDJである。 HIP HOPやR&B・REGGAEはもちろんのこと、HOUSE・ELECTRO・DISCO・SOUL・FUNK・RARE GROOVE・TOP 40等、現場に応じて様々なジャンルや年代をブレンドした彼のスタイルは、一般層からクラブフリークまでをもロックし、各所で賞賛を得ている。 また、第一線で活躍するDANCERやDJ、プロモーター等の業界関係者からも熱い支持を受けており、年間100本以上のバーティーでプレイし、国内はもとより国外の著名DJからの信頼も厚い。 パーティーの規模も種類も、はたまた国境や人種も、あるいは時空をも飛び越えて広く深くカバーする力量は驚愕に値する。 そして今も変わらずレコードへの愛情を持つ数少ないDJの中の一人であり、なおかつデータ音源やラップトップ等のデジタルツールも積極的に取り入れる、いわばアナログとデジタルのギャップを繋ぐ架け橋の様な希有な存在である。 現在、HIP HOPの聖地として名高い渋谷のCLUB HARLEMにて長年続く、毎週火曜日開催のモンスターイベント『RED ZONE』の階上、BX CAFEにて『ROYAL FLUSH』という名のパーティーのレジデントDJを務め、古きよき時代のRAPや、DISCO・HOUSE等のダンスミュージック全般のさらなる探求を実践しているが、それは単なる懐古主義とは一線を画すもので、彼のミュージック・ライフが現在進行形で反映されたものとなっている。 その一例として、ストリーミング番組の中でも屈指の人気を誇る『DOMMUNE』に出演し、オールヴァイナルで90’s HOUSEのセットを披露、延べ10000人近い目/耳の肥えたビューアー達から高い評価を得た。 また、前述した『RED ZONE』でも不定期でプレイしている他、CLUB AXXCIS『GOLDEN GATE』のような週末のメインストリーム主体のビッグパーティーや、CLUB BAR FAMILY『JETER』のようなアットホームなパーティー等でも活躍中。 制作面では2010年にZEN-LA-ROCKの『MASH-LA-ROCK』にてMIXを担当。世間のおおよその人間を裏切るような想定外のサウンド/キャスティングによってFUNK布教に加担した罪は大きい。 「ゆりかごから墓場まで、iPODからアリーナ級の大箱までをもロックする」がモットー。 B-BOYスタンスで多方面にアプローチし続ける、今後の活動も要注目のDJである。
TOYO
多様なジャンルの音楽知識を持つTOYOはその豊富な知識をいかした幅広い選曲であらゆる場所、いかなる時間でもROCKしている。それは大小様々なCLUBやLOUNGE,BARなどで、MAIN TAIMEはもちろんOPENからCLOSEまですべての時間帯においてである。TOYOのDJ PLAYは幅広い年齢層のクラウドから支持されており、その実力も実証済みである。CLUB HARLEMにて毎週金曜日に開催されていた『The Finest』に2008年よりレギュラーとして加わり、その後の『PUNCH OUT!!!』でもレギュラーをつとめていた。その他にも、NYのDJ / プロデューサーであるELI ESCOBARの2012年と2013年に行われたJAPAN TOURを企画し共にDJをするなど、海外のDJとの競演からNIKE, FRANK, MISHKAなどのカルチャーの発信源となるイベントなどでもPLAYした経験がある。今現在もレギュラーイベントから単発のイベント、HIP HOPのPARTYからHOUSE,DISCOのPARTY等、年間多くのDJを東京を中心に全国各地で行っている
http://djtoyo.blogsopt.jp/


<< Calendar

2016.5.13 Fri. WITH THE KUMAMOTO-KYUSHU
・Open 24:00
・Charge 1,500yen(ND)*イベントの収益は熊本の震災復興に使用致します
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT(A-Z):
DJ EMMA
DJ KAWASAKI
瀧澤賢太郎
MITOMI TOKOTO
栗原暁 (Jazzin’park)
SEKITOVA
SUGIURUMN
Watusi (COLDFEET)
福富幸宏
and more

FOOD
BAHAMA KITCHEN


未だ予断を許さない熊本地震。数多くの余震に現地の方々は休まることもできない状況が続いている。今回熊本に数多くの国内House DJからJoey NegroやEric Kupperまでを招聘し続けてきたイベントオーガナイザーである寺田光宏氏とも相談し、クラブイベントとして少しでも復興への手助けが出来ないかと思い、今回のイベントを企画しました。そして、このイベントはWEBを使用して生配信を予定。このDJ達の想い込めた選曲を少しでも多くの人に見て、聞いてもらい、励みになればと思っております。また、FOODにはBAHAMA KITCHINが熊本の食材で料理を提供します。

http://www.ustream.tv/channel/RNnT75zvzzb


主催:MICROCOSMOS
企画・制作:HOW STUPID / GLOBAL HEARTS
協力:MITSUHIRO TERADA

●ARTIST PROFILE
DJ EMMA
1985年よりDJを始め、東京各所のナイトクラブで数々のパーティーを成功させる。94年に「GOLD」と契約。クローズするまで毎土曜日のレジデントDJとして活躍。その繊細かつアグレッシブなプレイによって土曜日をまとめあげ東京中のコアな夜遊び人(ナイトリスト)たちに決定的なその存在感を知らしめた。現在に至るまで常にダンスフロアとHOUSE MUSICを中心に新しい音楽を天性の技術でプレイし続けるスタイルはKING OF HOUSEと呼ばれ、DJ プロデューサーとして精力的に活動中。自身のレーベルNITELIST MUSICから昨年発売された日本発の話題のACID HOUSEアルバム”ACID CITY”は今年”ACID CITY2″としてアナログを中心に新作をリリース中。AIRにて開催されている新しいレジデンツパーティ”ACID CITYとも連動し次のDANCE MUSICの波を生み出している。1995年に初リリースされてから記録を続けているMIX CDシリーズ”EMMA HOUSE”は約5年ぶりに19作目”EMMAHOUSEXIX MOUSE COLORED CAT”が好評発売中!
DJ KAWASAKI
DJ/リミキサー/サウンド・プロデューサー/作曲家。'05年、King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。’06年、コロムビアよりメジャー・デビュー。サウンド・プロデュースを担当した沖野修也の「SHINE」が、ヨーロッパで大きな成功を収めているハウス・レーベル、Defectedからリリースされ注目を集めた。これまでリリースしたシングルが、iTunesダンス・シングル・チャートにて通算8曲連続No.1を獲得。Remixを手掛けたRoland AppelのDark SoldierがデトロイトのDJ 3000、ドイツのDJ Hellにプレイされ、アルバム『PARDISE』に収録された「Galactic Love」がJoe ClausellやKarizmaがスピンするなど国際的にも高い評価を得ている。ホームグラウンドのThe Room(渋谷)にて、月例パーティー"MAGiC"のレジデントDJを務めている(毎月第三土曜開催)。2015年6月に『TIMELESS mixed by DJ KAWASAKI』をリリース。iTunesダンス・アルバム・チャートにて第1位を獲得。現在全国ツアー中。
瀧澤賢太郎
東京都出身。小学6年生でハウスに触れ、中学2年生で打ち込みを始める。 19歳の時にDJを始めたのをきっかけに、本格的にハウストラックを制作しはじめる。 2004年、弱冠23歳でデビューアルバム、2005年には、福富幸宏、Little Big Bee、STUDIO APARTMENT、DJ KAWASAKIらを迎えた豪華リミックス集「Impressive Time Remixes」を相次いでリリース。 2006年、フラワーレコーズへ移籍し、2nd ALBUM「Gradual Life」をリリース。 2007年1月には、"Gradual Life Tour Final"@渋谷club Asiaで、当時の動員記録を塗り替えるという金字塔を打ち立てた。 同年9月には、Ryohei、LISA SHAW、arvin homa aya、karin、Romantic couch JADE、Raythought、Jabberloop、Trans of Lifeといったゲストを迎えた3枚目のオリジナルアルバム「Heart to Heart」をリリース。 収録曲の「Can't Stop feat. Lisa Shaw(original Extended Mix)」が、BeatportのFrancois K.チャートに6位でランクイン。又、「Five Years Circlefeat.Trans of Life」がジャイルス・ピーターソンに プレイされるなど、海外からの評価も高い。 2008年6月、Romantic couch JADEをヴォーカルに迎えたカヴァー企画集Kentaro Takizawa +JADE"equal one"をリリース。 同年8月にリリースした『You Can Make It Shine』Kentaro Takizawa feat.arvin homa ayaは、 I-Tunes チャートにて1位を獲得。 アナログ『You Can Make It Shine/Sweet Love』も、各アナログ専門店にて軒並み1位を獲得。 最近では青山テルマリミックス、Ryohei『CAVACA』シリーズへの参加、SAWAサウンドプロディース参加など、作曲、アレンジ、プログラミングといった制作の全てをこなす、ハウス新世代の数少ないリアル・ハウスクリエイターとして、注目を集めている。 そして、2009年11月25日待望のニューアルバム『BIG ROOM』をリリース! Joi Cardwell,Kimara Lovelace,Lady Alma,Lisa Shaw,有坂美香、Ryohei&澤辺美香,SAWAetc... という豪華ヴォーカリスト陣を迎え、満を持してエイベックス/ティアブリッジレコーズよりメジャーデビューが決定!!!
MITOMI TOKOTO
DJ、音楽プロデューサー、リミクサー。クラブ系ウェブサイト「CYBERJAPAN」と、人気の「CYBERJAPAN DANCERS」のプロデューサーもつとめる。日本人ハウス・プロデューサーとして唯一、4曲を Beatport ランキング TOP 100 にランクインさせ、さらに 「That IbizaTrack」、「Sax @ Arena -MITOMI TOKOTO Remix-」の2曲が、総合チャート・トップ5 にチャートイン。David Guetta、 LFMAO、Fergie(The Black Eyed Peas)から Swedish House Mafia を率いる Axwell までと幅広く世界のトップクラスのアーティストのリミックスも数多く手がける。日本国内においても、DAISHI DANCE "Sax @ Arena"、倖田來未 "But"、金原千恵子 "String of Life"、Ms.OOJA "Life" などを手がけた。2011年には、DAISHI DANCE と MITOMI TOKOTO のコラボレーション名義 Limited Express からのアルバム"Party Line" をリリース。このアルバムは、2011年に全国でもっとも売れたハウスミュージックのアルバムとなった。2012年には、DJ Set 用にリミックスした 2NE1、BIGBANG らの楽曲リミックスが K-POP ワールドでも話題に。又、フランス人スター DJ Norman Doray とコラボレーションしたニューシングル "Music" をリリース。 その他の楽曲も今後、続々とリリース予定となっている。
栗原暁 (Jazzin’park)
2003年DJとして活動を開始。2005年楽曲制作開始後、2006年12月、久保田真悟と共に’Jazzin’park’を結成し、1stアルバム「Jazzin’park」をリリースする。アルバム発売後都内大型レコード店ではジャパニ-ズクラブチャ-ト1位を獲得、その後も2nd、3rdアルバムも常にチャートの上位をキープするなど、クラブミュージック以外にも幅の広い作風で、多くの支持を受ける。2011年12月には結成5周年を記念したセルフカバーベスト「Take Ship」もリリースするなど不動の人気を得ている。近年では、Kis-My-Ft2、清水翔太、TEE、柴咲コウ、北乃きい、SUPER☆GiRLSなどの作曲、作詞、リミックス、ツアーサポートDJとして制作、プロデュースワーク、DJと多彩な活動を行う。 他にもカフェ、レストランのプロデュース、アルバムのジャケットデザイン、ウェブ、プロデュースワークなどもチームで手がけその活動の幅を広げている。
SUGIURUMN
世界最先端のハウスシーンと常にリンクする、唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。2000年にはじめてIbizaへ行き、大きなインスピレーションを受け帰国。2004年にリリースしたアルバム『Our History is made in the night』が日本のダンスシーンで大きく注目され、シングルカットされた『Star Baby』が大ヒット。Axwellによるリミックスは、世界のトップDJがこぞってプレイ。この楽曲はMinistry Of Soundにライセンスされ、東京のみならず世界を巻き込んで大きな話題になる。パワフルで熱く、シーンの最前線を常に意識したDJスタイルは代官山Airを拠点に日本中の週末を熱狂させ、その噂は瞬く間に海外へ広がる。2006年に世界最高峰のクラブ、Pacha IbizaのミックスCDのDJに選ばれPachaのメインフロアで4,000人のクラウドをロック。Pachaから絶大な信頼を受け、それから3年連続で毎年Pacha IbizaのMix CDを手掛けている。2007年、AVEXに移籍し『What time is summer of love?』をリリース。アルバムからのシングル『Travelling』は世界中のレーベルからライセンスのオファーが殺到し、2008年Pacha Recordingsからワールド・リリースされた。また、アルバム表題曲『What Time Is Summer Of Love?』はRichard Grayにリミックスされ、Pachaのコンピレーションの1曲目に収録。Pacha Ibizaを代表するヒット曲になった。2008年7月には京都WORLDにてキャリア初となる24時間プレイに挑戦しオープンからクローズまでの24時間のロングプレイを完走、大きな感動を生んだ。2009年、Sugiurumnとして活動はじめて10周年になった。そのキャリアを総括して、さらなる進化を遂げるべく2010年3月、自身初となるベスト盤、『Do You Remember That Night?』をリリース。現在、2012年発売予定、4年ぶりとなるニューアルバムを制作中。クラブミュージック、その先のビートはきっと彼が教えてくれるだろう。
Watusi (COLDFEET) VISON
Lori FineとのユニットCOLDFEETのプログラマー/ベーシスト/DJ。COLDFFETのユニークな世界観は国内外で評価を受け、UK、US、ドイツ等でも多くの作品がリリースされている。ソロワークも英Climate Records、米Kriztal Records,ドイツPerfect Toy Records等からリリース。国内では中島美嘉の多くのシングルを始めhiro、安室奈美恵、BoA、Chemistry等を手がけ、アンダーグラウンドとメジャーを繋ぐ多忙なプロデュース・チームとしても活躍。またChristian Dior、Hermès、Cartie等ハイブランド系の海外をも含むパーティへのLiveやゲストDJ、楽曲提供も多く独特のポジションを築いている。オリジナリティ溢れるHouseテイストの4th Album「BODYPOP」は、アジア5カ国でもリリースされ、主要ラジオ局でのチャートインを果たす。’07年には5th Album「Feeling Good」を’リリース。シングル「I Don’t Like Dancing」は、この年のパーティーアンセムとなり、ソウル、台北、上海等を含む36カ所のツアーも各地で超満員のクラウドを魅了する。デビュー10周年目となる’08年、コロンビアに移籍し12月にアルバム「TEN」を発売。iTunes Store1位を始め数々のダンスチャートを席巻。’09年11月には生前のマイケル・ジャクソンから許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。現在全国でイベントを開催する傍らCOLDFEET次作アルバムを鋭意制作中!

福富幸宏
ミュージシャン/DJ/プロデューサー。アメリカ/King Street Sounds、ドイツ/JCR(Jazzanova Compost Records)、イギリス/Hospital、イタリア/IRMA、等の各国/ 各レーベルからソロ作をリリース。 ハウスを軸としながらも、ジャズ、ソウル、ラテン、ブラジリアンからテクノまでの多様なテイストをふんだんに盛り込んだプロダクション・スタイルで、ジャイルス・ピーターソンからダニー・クリヴィットに至る迄、ジャンルレスにDJチャート/プレイリストを賑わし、全世界で30タイトル以上のDJコンピレーションにも収録される程の高い評価を獲得している。 ディープ・ハウスとフューチャージャズを繋ぐ希有な存在のアーティストである。3年振りとなる新作「Equality」は、これまでの活動で得たコネクションを存分に生かした豪華アーティスト達の参加を得て、より幅広く、よりディープな内容となっており、最高傑作との呼び声も高い。

BAHAMA KITCHEN
ダンスチームSODEEPに所属する傍ら、TVやファッション誌でも人気のTHE DECK COFFEE & PIEのメニュー開発を務めるUEMATSUがプライベートで行うフードスタンド"BAHAMA KITCHEN" K8SKと供にクラブでも気軽に食べれるモノをモットーに、世界の料理にインスピレーションを受け独自のメニュー探求し提供している。
現在はケータリング・移動販売を中心に、クラブ・フェス・イベント会場などを拠点として活動している。
HOW STUPID
http://www.ustream.tv/channel/RNnT75zvzzb

<< Calendar

2016.5.14 Sat. DEEP DREAM
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(1D) until 1:00 LADIES 1,000yen LADIES 2,000yen(1D) MENS
・Genre HIP HOP
・Artist DJ
DJ YUI PEACOCK
K27T
M!KAN
MINAMIKAWA
and more...


SHOWCASE
BEARARMZ
FICUS


DEEP DREAM 恒例ナイトフリーマーケット開催!
YUI Peacock & K27TがオーガナイズするレギュラーPARTY"DEEP DREAM"!
HIP HOPを現在進行形で表現し、#REALDJINGを追求したGOOD PARTY!!
今回もDEEP DREAM 恒例のナイトフリーマーケットが開催。音楽以外にも楽しめる要素が満載の一夜となる。


●ARTIST PROFILE
DJ YUI PEACOCK
出演者女性オンリーのPARTYをオーガナイズするなど北海道を中心に活動の幅を広げ、北海道CLUBシーン最前線に立ち、北海道GIRLS DJのアイコン的存在にまで成長。08年に東京進出。数年足らずで、東京渋谷CLUB界隈を中心にレギュラーイベントを数本抱える事になる。2012年にはオーストラリアでのDJも果たし、その活動は日本だけに留らず、また現在はR&BシンガーAISHAのバックDJも担当している。
女性ならではの感性にプラスし、ルックスからは想像のつかないGROOVEの選曲にはオリジナルを感じさせ、まだまだ想い描く未来への現在進行形な彼女に期待されている。
http://p-vine.jp/artists/dj-yui-peacock
K27T
1985年生まれ。幼少期から膨大な量のレコードに囲まれ、様々な音楽や映画に影響され育ち、2002年、16歳、DJキャリアスタート。単身N.Y.で本場のパーティーを体感。日本人離れしたプレイは国外問わず様々なアーティストのお墨付き。
http://www.facebook.com/kent.kudo.3
https://twitter.com/k27t
http://soundcloud.com/k27t


<< Calendar

2016.5.20 Fri. MAPTOKYO
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
TBA

参加店舗:
Bass Egg
Bar 150
Bar Ber SAKOTA
BubblesChill(COFFEE)
Hot Stand PELLS
LOCALS ONLY
PELLS(Hair,Nail)
Wraps
SURFSKATECAMP
TTAGGG


世代、ジャンルを問わず様々なお店をすフックアップしてオリジナルの地図を創造していくプラットホーム、『#MAPTOKYO』。
今回のテーマは『SUMMER Time』初の試みとして各ショップが独自の感性でブースを出店し空間を創り上げます。
来場者の方も是非夏を感じれるオシャレをしてお越しください
そして東京のストリートとクラブシーンを両軸盛り上げ続けるDJのラインナップ!!
音楽、アート、様々なSHOPが織りなす一夜はここでしか体験できない。
このムーブメントが、日本の様々な地域を刺激し、融合しあいながら、ロンドン・ニューヨーク、そして世界へと拠点を拡大していきます。


<< Calendar

2016.5.21 Sat. HOUSE SESSION feat.Lastest CrazeSupported by WITT ENTERTAINMENT
・Open 23:00
・Charge 2,500yen(1D) W/F 2,000yen(1D)
・Genre HOUSE
・Artist GUEST DJ
Peter Massa (Latest Craze)

DJ:
OHISHI (SODEEP / WITT / JMC)
KATIE SE7EN (WITT)

DANCER:
New Style Hustle Japan(GENKI,YU-KI,U-MI,Ai)

NEW YORK HELL :
NAGOYA, SUZUKO 

LIGTHING:
MOTOIKE


FRANKIE KNUCKLESによるラスト・ワークとしても有名なLatest Craze feat. Joseph Chetty “I’m Loving Tonight “のを昨年ヒットさせたメルボルンのプロデューサーLatest CrazeがMICROCOSMOSに登場!!

【お詫び】
当初来日予定だったMichael Gavrilidis (Latest Craze)は本人の都合により来日がキャンセルとなりました。


●ARTIST PROFILE
Peter Massa (Latest Craze)

OHISHI (SODEEP / WITT / JMC)
1995年よりダンサーとして活動、1998年にはハウスダンスチーム『SODEEP』に加入し現在も活動中。
これまでに、多数メジャーアーティストPVからバックダンサー、振付、ダンスDVD等に出演、東京を中心に全国各地のパーティにて狂気乱舞、SODEEPの耳にうるさい音楽オタクである。
SODEEPとして数々の著名DJ、BANDと共演し、DANCERからMUSIC LOVERSまで幅広い層から熱い支持を受けている。
2015年、”SODEEP” smokin’ the floor for 20 years @VISIONでは1000人以上を動員、また20周年を記念し、世界中にネットワークを持つNY発のカルチャーマガジン”FRANK”とのコラボレーションブックもリリースした。
同じくDJとしてのキャリアも20年、国内外様々なDJと交流を持ち多数のパーティに携わり、現在VISIONで開催されている『JAPAN MUSIC CONFERENCE』にDJとして参加。
これまでのSODEEPのパフォーマンスで使用してきた音源のみをミックス、コンパイルした『SODEEP 1995-20XX』を5作リリース、disk unionマンスリーMix CD売上で一位、その後も好セールスを記録。
KATIE SE7EN (WITT)
Totem TraxxやPLUS Recordsなどのレーベルからリリースを重ねるDJ/プロデューサー。 TechnoとHouse、その派生ジャンルを駆使し、深い谷の底から天国まで連れていくドラマティックでエモーショナルなセットでオーディエンスの心を掴む。 自らの曲のPVのディレクションや、プロダクトのプロデュースも手掛けるほか、アートモデルとしても活動し、その写真が世界最高峰のモダンアートミュージアムであるニューヨークのMOMAに飾られるなど、彼女の創造力とセンスは海外でも評価が高い。 世界のトップDJたちが目指す聖地イビサでもプレイし、長い海外生活に裏打ちされた絶妙なセンスと、フロアとの一体感を生むパフォーマンスで海外からもオファーが絶えない。 日本生まれのロス育ち。 バイリンガルでバイセクシャル。 牡牛座。

<< Calendar

2016.5.27 Fri. Street Seed Tokyo
・Open 24:00
・Charge DOOR 3,500yen Cloud Discount 2,500yen
・Genre TECHNO/HOUSE/HIP HOP
・Artist SST DJ:
DJ IKU
DJ REN
RyoGo Freestyle(PeakWanderBallerz)
I-BEAR’(PeakWanderBallerz)
Macky

Performance:
PeakWanderBallerz
MadSkillsStyler


VJ:
mixer


”ストリート・カルチャー”
直訳すれば路上文化。 主にスケート、グラフィティ、ヒップホップなど、およびその周辺のファッションや音楽、ライフスタイルを指す。 日本においてはアパレルブランド、ファッション誌などの影響下にある若者の消費行動の一種。 本来は社会の支配的な文化(ハイカルチャー)に対する マイノリティの文化事象(サブカルチャー)を指す。 ストリートカルチャーの担い手の多くはエスニック・マイノリティやストリートチルドレン、 同性愛者といった「下位集団」であり、独自の価値観と行動様式、話し言葉などをその特徴とした。
現在では、様々なパフォーマンス・スポーツ・音楽カルチャーに多大な影響があり、 ダンスを始めとした文化の根本的精神はここにあると言っても過言ではない。
StreetSeedTokyo=“ストリート精神の種が生まれる場所”
ストリートを愛する達と、まだ見ぬ素晴らしき精神性、音楽性を発掘・追求する場所となるよう願いを込めてこのイベントは発足する。

Cloud Discount 2,500yen
Cloud Discount 申込フォーム

●ARTIST PROFILE
DJ IKU
世界的権威のあるDJコンテスト「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP」の日本大会【DMC JAPAN FINAL】に出場し下克上を成し遂げてその名を全国へ広げる。2008年には全国各地の予選を勝ち抜いた16名のDJで行われた【Red Bull STREET STYLE DJ BATTLE JAPAN FINAL】にて日本一に輝き、スクラッチの神様と言われるDJ Q-BERTからも高い評価を受け、ゴールドパネルのミキサーを手渡される。 2010年、 パーティDJのNo.1を決めるコンペティション【Red Bull THRE3STYLE DJ BATTLE JAPAN FINAL】で2度目の日本一に輝き、同年12月に行われた【Red Bull THRE3STYLE WORLD FINAL】に日本代表として出場。ターンテーブリスト特有のジャグリングとスクラッチでダイナミックかつ丁寧にビルドアップし縦横無尽にジャンルを横断するスタイルは、世界的に有名なDJ JAZZY JEFFをはじめ、DJ KRUSH、DJ KENSEI、DJ TA-SHIらにも高い評価を受ける。また国内有数の野外ビッグイベント「BIG BEACH FESTIVAL」に、2012・2013年と出演し世界的なビッグアーティスト達との共演を果たす。現在も全国各地のビッグパーティでプレイし会場をロックし続けている
DJ REN
DJ CRAZE、DJ A-TRAKなどに感化され2001年よりDJとしての本格的なキャリアをスタート。渋谷宇田川町にあるレコードショップの元ヒップホップバイヤーならではの豊富な知識から生まれるHIPHOPを主軸とした選曲に、スクラッチ、2枚使い、ビートジャグリングなどのギミックを織り交ぜるプレイスタイルに定評のあるDJ。これまでに国内アーティストはもとより、The Beat JunkiesやDJ Jazzy Jeff、Beatnuts、KENNY DOPE、DJ Spinna、Madlib、9th Wonder、DJ Scratch(EPMD)、DJ Spinbad、AG、Diamond D、DJ EVIL DEE、Jeru The Damaja….etcといった数多くの海外アーティストのジャパンツアー、日本公演の前座を果たし、どの現場でもその確かなスキルと選曲で多くのリスナーの支持を得ている。また現在は渋谷Harlem『HAZE』 / 『WAX』、渋谷VISION『CLASSICS』…etcといったパーティーにレギュラーDJとして参加しつつ、J-Wave 81.3 FM RADIO 『Hello World』や、インターネットラジオ『block.fm』への出演、都内•地方イベント•フェスへのゲスト出演など、年間150本以上の現場をこなしている。さらにDJコンペティションにおいては、RedBull主催のDJ大会『RED BULL Thre3Style』において、2014年に日本チャンプに輝き、機材メーカーVESTAX主催のスクラッチバトル『VESTAX NO TRICKS SCRATCH DJ BATTLE』においても2010年に優勝するなど、クラブDJとバトルDJの両面を持ち合わせるアーティストとしてオーディエンスから確固たる支持を集めている。
RyoGo
RyoGo a.k.a 山内良悟/PeakWanderBallerz(FreestyleBasketball)/DJ/DJname is RyoGo Freestyle
I-BEAR’(PeakWanderBallerz)

PeakWanderBallerz

MadSkillsStyler


<< Calendar

2016.5.28 Sat. 開放
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre BASS/ HIP HOP
・Artist GUEST LIVE
KICK A SHOW (Y2FUNX)

DJ:
U-LEE
NABEWALKS
TSUBASA a.k.a. JAM
NOXIN
KN
MARZY


HIPHOPを中心とした選曲でお送りするNEW PARTY「開放」
現在の東京のHIP HOP、BASSシーンを賑わせつクリエイターが出演。
ゲストライブにはKICK A SHOWを招集。


●ARTIST PROFILE
KICK A SHOW (Y2FUNX)

U-LEE

NABEWALKS

TSUBASA a.k.a. JAM

NOXIN

KN

MARZY


<< Calendar