MICROCOSMOS
top/info&map menu event party plan blog recruit about us ミクロコスモスモバイルサイト
event
Nov 2014 << Calendar Next month >>
2014.11.1 Sat. Superb
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1d) W/F 1,500yen(1d)
・Genre HIP HOP/R&B
・Artist DJ:HAL, TOYO,CO-HEY  
MC: KUNI (KAMIKAZE CLOWNZ) 


奇数月の第1土曜日に開催している"Superb"!!!
3連休の初日となる今回も豪華ダンサー達が登場するSPECIAL DANCE SHOWCASEは勿論のこと、HALとTOYOの2人を中心としたDJ陣がHIP HOPを軸に幅広い選曲で1日を演出する。
踊って、飲んで、SHOWをみる。いつも通り、いやいつも以上にパーティーというモノをたっぷりと味わうことが出来ることをお約束しよう!

●ARTIST PROFILE
DJ HAL
東京生まれ東京育ち、00年より東京渋谷を拠点にDJ活動を本格的にスタート。 グルーブと個性を第一に考え、 幼少の頃よりドラムで培われた天性のリズム&グルーヴ感に加え 豊富な選曲と多彩なスキルを最大限に活かしたDJプレイは絶大な人気を誇る。
Kenny Dope、Gangstar、The Beatnuts、Lord Finesse、The Pharcyde、 DJ Jazzy Jeff、DJ Spinaなど、歴代Hip Hop Artistを筆頭に、2007 Rihanna、2008 Ne-Yo、2012 Nicki Minajj全てJapan Tour Final Openning actに抜擢、数多くの海外ビックネームの日本公演での共演を果たす。国内最大級のスプリングフェス「Springroove」にも07、09年に参加。メイン会場を差し置いて2000人以上の観客をRockした。18歳の若さでHarlemなど都内トップクラスのクラブでスピンし初め、2006から2013年までは渋谷HARLEMで毎週金曜日のレジデントDJとして抜擢される、年間200本を超える日本全国の現場(Club)オファーをこなすなど今や名実共に日本トップDJの仲間入りを果す。またタレント鈴木あみの専属DJ講師を1年間勤め、一流DJとして世に送り出す。シンガー HI-Dやソロ活動を開始した後藤真希の専属ツアーDJとしても活躍。業界からの支持も高く、AvexやRhythm zoneのAfter PartyやPrivate Party、ファッション業界Vogue誌を始め、数々のレセプションPartyでのDJとしても活躍している。2013年には世界中のTop DJが集結するHacienda Osio Festivalに出演。Red Bull Thre3Style Taipei FinalのGuest DJ、特別審査員として招かれる。作品の方では、Victorから「SUGAR SHACK」、「The Exclusives MINI」をはじめ、「Delicious Vinyl」と契約し、DeliciousレーベルオンリーのMIXCDをリリース。P-VINEよりR&BオンリーのMIXCDをリリース。リードシングルとして長らく待たれていた自身初のプロデュース作品も収録し注目を集めた。そして2012年4月、自身初のメジャータイトルとなる『SOUNDTRACK MIXTAPE BY DJ HAL』- Music from 90’s Movie-史上初の映画サウンド・トラックをソニーミュージックよりリリース!ワーナーミュージックより渋谷Club HARLEMの15周年MIXCDに参加。ユニバーサルミュージックよりX'mas MIXCDをリリース、1年間に3大メージャーメーカーからリリースするというDJ史上例の見ない怒濤のリリースを続ける。東京アパレルシーンでの活動も盛んに行い、日本のスニーカーシーンのトップを走り続けるSHOP「KICKS LAB.」や、原宿で不動の人気SHOPとして君臨する「Kinetics」とのコラボMIXCDやモデル活動を行うなど、アパレル界隈でもDJ HALの名は広がり続ける。
TOYO
多様なジャンルの音楽知識を持つTOYOはその豊富な知識をいかした幅広い選曲であらゆる場所、いかなる時間でもROCKしている。それは大小様々なCLUBやLOUNGE,BARなどで、MAIN TAIMEはもちろんOPENからCLOSEまですべての時間帯においてである。TOYOのDJ PLAYは幅広い年齢層のクラウドから支持されており、その実力も実証済みである。CLUB HARLEMにて毎週金曜日に開催されていた『The Finest』に2008年よりレギュラーとして加わり、その後の『PUNCH OUT!!!』でもレギュラーをつとめていた。その他にも、NYのDJ / プロデューサーであるELI ESCOBARの2012年と2013年に行われたJAPAN TOURを企画し共にDJをするなど、海外のDJとの競演からNIKE, FRANK, MISHKAなどのカルチャーの発信源となるイベントなどでもPLAYした経験がある。今現在もレギュラーイベントから単発のイベント、HIP HOPのPARTYからHOUSE,DISCOのPARTY等、年間多くのDJを東京を中心に全国各地で行っている
http://djtoyo.blogsopt.jp/


<< Calendar

2014.11.2 Sun. BAHAMANIA × assembly
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1d)
・Genre HOUSE
・Artist MUSIC:
AKIYAMANIA (JMC)
gem (JACARANDA)
TOMOTY (sequence)
FOOD:
BAHAMA KITCHEN
SHOWCACE:
LAGOS Apt.
MAI + AOI
SPECIAL BOOTH:
assembly hair salon


NY/DEEP HOUSEを軸にしたプレイでJMC@SOUND MUSEUM VISIONのレジデントDJなどを務めるAKIYAMANIA、千駄ヶ谷THE DECK COFFEE & PIEのフードメニュー開発や、フェス/クラブイベントのケータリングも行うフードスタンドBAHAMA KITCHENがタッグを組んだ音楽酒場。
今回は初のコラボとしてヘアサロンassemblyによる特別ブースを設置、GIRLS DJの中でも特に音楽への拘りを感じさせるgem、ダンスショーケースにもコアな選曲とスタイルで人気のLAGOS Apt.、エキセントリックな魅力の漂うMAI + AOIなど、様々なコンテンツで酒場を彩る。


●ARTIST PROFILE
AKIYAMANIA (JMC)
自身、長きに渡り特に影響を受けてきたとも言えるHouse Music創成期のChicago~N.Y.Sound/Deep Houseを下敷きに、出逢ってきた世界のあらゆる音楽を自分のフィルターを通し表現する。また、Sax Player 新井 一徳 etc. Musicianを迎えたDJ Styleも持つ。 

華やかな空間をテーマに掲げ2011年で8周年を迎えたParty、Cabaret@WAREHOUSE702の主宰/レジデントDJを務め、その音楽性から繋がるDJ/Band/Dancer/Show Girlまで幅広いArtist達の招聘やアパレルブランドとのコラボレートファッションショー等、箱の特徴も活かしたパーティスタイルを確立する。 

おおよそ1万人のオーディエンスで賑わう都市型野外フェス「渚音楽祭-2011-」、麻布十番WAREHOUSE702の周年祭事出演の他、Francois K,Timmy Regisford,Dimitri From Paris,Mr.V,等の海外著名アーティスト達との共演/サイドアクト、大型のArt EventやDinner PartyのDJ/Sound Directerも担当するなど、精力的に活動している。
gem (JACARANDA)

TOMOTY (sequence)

LAGOS Apt.

LAGOS Apt.

MAI + AOI


<< Calendar

2014.11.7 Fri. 8131NIGHT vol.3
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1D) W/F2,000yen(1D)*先着でオリオンビールプレゼント
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJs:
イグチショウタ(qosmos)
iies
shota(8131)
73(8131)
Butch                                 
LIVE PAINT:
HIKARU(新世界)                                         
LIVE:
IMORI
千春(ottoxband cho&vo) 
TA-KE
Mr.GAC RICHARD THE ROCKSTAR
RICK-C
TAP DANCE:
中山貴踏(新世界) 
DANCE:
仲松宏太(新世界)
mAyc's


はいさーい!ぐーすーよー、ちゅううがなびら??
日本の宝島「沖縄」をキーワードに若者が集結。感性豊かなアート・音楽・デザイン等を通じて「お~きな輪」になり繋がり広がることをコンセプトに開催したセッションイベントが開催される。夢を追いかけているハートフルなアーティストが集結し、素敵な夜が演出される。

<< Calendar

2014.11.8 Sat. OIRAN Music Presents Watusi 「Don't Touch Me EP」Release Party
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(ND)花魁からのハシゴで、¥1000 OFF
・Genre TECHNO/ALL GOOD MUDIC
・Artist DJ:
Watusi (COLDFEET)
KENSHU
VENUS・ KAWAMURA YUKI
Sakiko Osawa
J.M.Y. (B2B2B)


渋谷発のウォームアップバー「しぶや花魁」発のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」主宰、ヴィーナス・カワムラユキのプロデュースによるWatusi(COLDFEET)ソロプロジェクト第二弾EP「Don’t Touch Me」配信リリースが10月28日に決定!
リリースを祝って、ナマコプリ「ナマコプリのシャンパンシャワー」のRemixも最高だったKENSHU、アムステルダム、ADEに日本人女性として初参加したばかりのSakio Osawa、主催のVENUS・ KAWAMURA YUKIらが集いそれぞれが独特のDJを展開。
12/3発売予定のアルバムのカウントダウンもいよいよのWatusiの新譜も聞けそうなTechnoスタイルのDJもお楽しみに。

●ARTIST PROFILE
Watusi (COLDFEET)
Lori FineとのユニットCOLDFEETのプログラマー/ベーシスト/DJ。COLDFFETのユニークな世界観は国内外で評価を受け、UK、US、ドイツ等でも多くの作品がリリースされている。ソロワークも英Climate Records、米Kriztal Records,ドイツPerfect Toy Records等からリリース。国内では中島美嘉の多くのシングルを始めhiro、安室奈美恵、BoA、Chemistry等を手がけ、アンダーグラウンドとメジャーを繋ぐ多忙なプロデュース・チームとしても活躍。またChristian Dior、Hermès、Cartie等ハイブランド系の海外をも含むパーティへのLiveやゲストDJ、楽曲提供も多く独特のポジションを築いている。オリジナリティ溢れるHouseテイストの4th Album「BODYPOP」は、アジア5カ国でもリリースされ、主要ラジオ局でのチャートインを果たす。’07年には5th Album「Feeling Good」を’リリース。シングル「I Don’t Like Dancing」は、この年のパーティーアンセムとなり、ソウル、台北、上海等を含む36カ所のツアーも各地で超満員のクラウドを魅了する。デビュー10周年目となる’08年、コロンビアに移籍し12月にアルバム「TEN」を発売。iTunes Store1位を始め数々のダンスチャートを席巻。'09年11月には生前のマイケル・ジャクソンから許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。‘12年には自身の音源制作のノウハウを詰め込んだ本” DAWトラック・メイキング”の出版や、ディスコ音源でのイベント”ETERNAL”の開催など、後進の育成にも力を注ぐ。’13年森 俊之、Watusi、佐藤タイジ、大塚 愛、沼澤 尚 、南流石の6人からなる、多種多様に富んだメンバーが音楽を軸に活動するコングロマリット”RABBIT”でアルバムを発表、全国ツアーを行う。そして8月には待望のディスコ、ブギー・ミュージックのディスク・ガイド「DANCE CLASSICS Disc Guide - Seeds of Club Music」の発売とディスコ・ミュージックをテーマにしたDJミックス・シリーズ「Disco & Boogie - Seeds of Club Music」がスタート (第一弾はSalsouiとWest Endの音源をMix)。制作中の初のソロ作品やCOLDFEETの次作等、今後もその勢いは停まる事を知らない。
www.coldfeet.net
KENSHU
オーストリア、ウィーン生まれ。オーストリア人の父親と日本人の母親を持ち、幼少の頃よりピアノ、バイオリン、フルート、パーカッションなどクラシック音楽をベースに様々な楽器に親しむ。HIP-HOPカルチャーに多大な影響を受け、12歳よりDJをスタート。 ​ 帰国後はJazz、Brasil、Soul、Funkなどを通過しつつ様々なクラブでのDJやプロデュースワークで活動。クラシックをKENSHU独自の解釈でHIP-HOPフォーマットに再構築した作品“dulcet featuring KENSHU”(2008)は外資系レコード店を中心にヒット。  アルバム“THE UNITED COLOR”(2008)をリリース後はElectroへ活動の中心をシフト。自らが多大なる影響を受けたHIP-HOPカルチャーへの回答として“B-BOY HOUSE”を提唱。 ageHa、AIR、MADO LOUNGEなどの都内有名クラブや国内外のクラブやラジオでプレイ。 圧倒的なDJスキルと様々なジャンルを通過してきた音楽的センス溢れる プロデュースワークは人気ファッションブランド“mastermind JAPAN”とコラボレーションするなど多方面から高い注目を集めている。
VENUS
IBIZA的バレアリック・スタイルDJとしての感覚を軸に、渋谷道玄坂のウォームアップバー「しぶや花魁」をプロデュース。川村由紀(カワムラユキ)として作詞家&作家としても活動中。quasimode「Music Can Change the World feat Hanah」はJ-WAVE TOP100で最高位6位をマーク、「ロンパチ」ブームを巻き起こしたLONDON ELEKTRICTY「ロンドンは夜8時」は、WASABEAT AWARD「BEST DOMESTIC TRACK」受賞。 2011年7月には歌詞アクセスチャート1位を獲得。新世代のクラブアンセムとして話題となる。同時にダンスミュージック専門ラジオ局、BLOCK.FMにて毎週金曜20時「しぶや花魁ウォームアップレディオ」のナビゲーターを担当。著書に「アスファルトの帰り道」(Sony Magazines)など。90年代に「SOUND COLLECTION」のプロデューサーとして活動後、2001年に「灼熱」でCDデビュー。10万人を前にプレイを披露したLOVE PARADE MEXICO 2003、毎日ファッション大賞を受賞したDRESS CAMPのショー音楽演出、Madonna+Steven Klein@LOUIS VUITTON roppongi Hills Store DJ、MOTOROLA x 香港HI-TEC、パリのBatofarなど国内外の多くのシーンに登場。2008年にはリゾートでの男女をテーマに短編小説付きCD「inner Resort HOMME/FEMME」(s2s/avex)を3ヶ月連続6枚リリース。アッパーなハウスやテクノからメロウなチルアウト、クラブからアートシーンまで多種多様な景色を繋ぎ続けている。作詞家&リリック・ディレクターとしても韓流や華流からアニメ、プロテストソングまでを手がける360℃クリエイター。現在、Numero Tokyo、houyhnhnmにてブロガーとして連載中。最新作は人気韓流ガールズグループ、WONDER GIRLSの日本デビュー曲「Nobody〜あなたしか見えない」ほか。
Sakiko Osawa
幼少時にヴァイオリンとピアノを習得。 中高生の頃にミクスチャーロックやパンクに傾倒しバンドを結成、エレキベースを担当する。 日本大学芸術学部 音楽学部 情報音楽コースに進学後は音響学、レコーディング、メディア・アートを学び、8つのスピーカーを使用した独自のサラウンドシステムを研究。 20歳の頃にレイヴカルチャーや電子音楽に出会い音楽制作を始める。 大学院卒業後はプロジェクション・マッピングや映像ディレクション、Ustream配信の技術を身につけ、常に三角形モチーフの洋服やアクセサリーを身につけるなど、音楽だけにとどまらない様々なアプローチを表現の中に取りいれた。 その後、友人の誘いで新たな渋谷系カルチャーの発信地として世界各国から多くのゲストが訪れるウォームアップ・バー「しぶや花魁」にてライブセットを披露。 しぶや花魁のプロデューサーでありDJ&作詞家のヴィーナス・カワムラユキに見いだされ、ダンスミュージック専門インターネットラジオ block.fmにて毎週金曜20時からO.A中の人気番組「しぶや花魁ウォームアップレディオ」にゲスト出演を果たし、スリリングでソリッドでありながら新たなジャパニーズ・ビューティを感じさせる独自の世界観に多くのリスナーが魅了され「Sakiko Osawa」の名が知られる切っ掛けとなる。 2014年3月発足予定のマネージメント・オフィス&レーベル「OIRAN MUSIC」の第一弾契約アーティストとなることが決定し、数多くのクラブやバー、映画館、シアターなどが集結する「愛と文化の街」こと渋谷・道玄坂で文化の交差点として機能し続けている「しぶや花魁」を根城に創作活動をスタート。 現在、ファッション x 映像 x 音楽がミックスされた新しい活動形態を創造するべく2014年3月に配信予定のデビュー作を制作中。

<< Calendar

2014.11.14 Fri. WICKEDPEDIA RENDEZVOUS Vol.17
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL BASS MUSIC
・Artist GUEST DJ: JaQwa, Kosuke Adam
DJ:HABANERO POSSE , LEF!!!CREW!!! , DaBook
VJ:knzdp


押しもおされる人気を誇るHABANERO POSSEの東京唯一のレギュラーパーティ。BASS MUSICのトレンドはここから生まれる!!

●ARTIST PROFILE
HABANERO POSSE
それぞれソロや別グループでクラブミュージック界に携わってきた、FYS a.k.a BINGOとGUNHEADによる”GWIG”なDJ/トラックメイキング・ユニット。後にグラフィック担当の405mhzも加入し、”SEXY BASS & DIRTY GHETTO MUSIC”を掲げ活動中。2012年、世界最大のBASS MUSIC FESの日本版【OUTLOOK JAPAN FESTIVAL】にて、サウンド・クラッシュ・チャンピオンに輝く。国内外のアーティストへの楽曲提供/REMIX(ZEEBRA, RYUZO, !!!KYONO+DJ BAKU!!!, DJ LEAD, KOHH, YOCO ORGAN, MVJI MOB, Soccerboy, Hibikilla, 倖田來未,SKY-HI, KEN THE 390, KLOOZ, G2, KAN TAKAHIKO…etc)や、フロア・アンセム化しているMOOMBAHTON/ BASS/ TRAP/ TWERK/ TECHNO BOOT REMIXも制作。また、USのMOOMBAHTONコンピアルバム【MOOMBAH MARAUDERS】、ディズニーのオフィシャル リミックス コンピへの参加や、スプリットアルバム【XMAS MOOMBAH EXPRESS】(wickedpedia recordings)をリリースし、満を持して今年の8月末に自身初のオリジナル楽曲によるEP【JAZZINN】を80KIDZ率いるレーベル【PARK】より発売。BLOCK.FM のレギュラー番組【WICKEDPEDIA RADIO】のパーソナリティーを務める。
Facebook → http://www.facebook.com/habaneroposse
soundcloud → http://soundcloud.com/habaneroposse

JaQwa
幼少期より様々な音楽に触れ、15歳でDTMでの作曲を始める。 大阪でのアンダーグラウンドクラブシーンでの活動を経て、2002年より同世代の才能を集めエクストリームエンターテイメント集団「5gene」を設立。 2007年、東京に拠点を移した後は、パーティーオーガナイズ、トラックメイク、DJ、 WEBデザイン、平面デザイン、ラジオのパーソナリティなどで活動する。 近年の主なものとして、パーティ「BASS UP」、DIGブログ「digcloud」を主催、企画立案。「BASS MUSIC 専門学校」では講師としてDTMやエンジニアリングの解説を行う。 そのDIG能力をフルに駆使した幅広いジャンルから最もいびつで面白い部分を抜き出し再構成する制作/DJスタイル。 自身のオーガナイズするパーティ「BASS UP」ではUK Funky、UK Garageなどを主としたBass Musicパーティとして未成年を含めた広い世代から支持され、DIGブログ「digcloud」は起ち上げ3年で8000曲紹介し、DIGという行為に新しい視点をもたらした。 現在まで自主制作、国内インディーズレーベルのコンピレーションへの参加などを経て、2011年、UKレーベルelektrikbeatzからDubstepトラック「It's showtime EP」のリリース、その他、アメリカ老舗ネットFMであるGlitch.fmへのミックス提供、国内ネットレーベルMaltineに てSubmerseのリミックス、ミクスチャーバンドUZUMAKIのオフィシャルリミックス、ヒップホップユニット裸絵札のリミックス、Jager Meistersオフィシャルリミックスをavexからリリース他、2012年、DJ BAKUに才能を認められ、同名義の楽曲「AKBAH ATTACK」の初のオフィシャルリミックス、ニューヨークのaLLriGhT ReCorDsからBassline/Fidget Houseのリリース、 DOTAMA x USKのアルバムのマスタリングとリミックス他、様々なリリースを経て、アメリカDubstepレーベルの中でもトップセールスを誇るPlay Me Recordsのリミックスコンテストで優勝し、念願のEPリリースを果たす。2013年、DJ KENTAROにその楽曲をプレイされ話題を呼ぶとともに、!!!KYONO+DJ BAKU!!!(Victor)、Ashley Scared The Sky(UNIVERSAL)、MUCC(Sony)、THE GAME SHOPなどバンドサウンド主体のリミックスも多く手がるなど 国内外レーベルにも多数トラック提供を行い、各所で非常に高い評価と熱い支持を得ている。また、DJとしてDOMMUNE、2.5Dへの出演、インターネットラジオblock.fmにて自身の番組「digcloud.fm」を担当するなど、ネットコンテンツにも積極的に参加する。匿名のTECHNOプロジェクト「CLOCK HAZARD」にも所属。 現在、1stフルアルバムリリースに向けて活動しながら様々なプロジェクトを同時進行中。
Kosuke Adam
東京で生まれ、ロサンゼルスで幼少の頃から半生を過ごしたKosuke Adamは、日本と海外からインスパイアされ、2008年3月から本格的にDJとして、瞬く間に数々の都内有名クラブでプレイすることになった。エレクトロな音を中心に、ロック、ヒップホップ、ムーンバートンからディスコまでジャンルレスにフロアをわかせる。 ファッションの世界でも、雑誌、カタログ等に多数起用され、2010年には大手スポーツブランドの世界広告にも日本代表の一人としてえらばれ、DJのみならずファッション界からも若者のアイコン的な存在である。大手ブランドからも多くのブランドイメージのMIXを作りあげパーティ等にも多数出演している。国内の地方公演を始めとし、海外活動ではアメリカや韓国にもDJとして出演している。2010年からはGalbitchと共に『2チャライザー』を組み東京のクラブシーンに新たなるエンターテイメントをダンサーやMC等を入れながら提供している。また2012年から英国ブランドTOPSHOP/TOPMANでインストアイベントのレジデントDJを務め、2012年11月には自身のオリジナルトラック(Franko-Purple Slacks prod by DJ MAAR)も収録されている''TOPMAN PRESENTS VOL.00 MIXED BY DJ RS & KOSUKE ADAM''を同レーベルからリリースされた。様々なパーティーをロックする若手注目株である。

LEF!!! CREW!!!
横浜を代表し全国〜果ては海外までその名を轟かすWSZ80を筆頭に、2枚のEPで火が付き今最も作品を待たれる気鋭のトラックメーカーDJ MAYAKUと、インディー・バンドNEW HOUSEのメンバーでもあるMOROの3人から成る現場班と、スケートボード ショップ”GOLDFISH”の主に在宅班Cbtek!の4人で構成される異色の愚連”DJ”クルー from YOKOHAMA!その存在こそがダンス・ミュージック界において正に革命的。そのパンク的衝動に基づかれた斬新なまでにクロスオーバーな唯一無二のミックス・スタイルと、そのフィジカル度の高さは完全に他を凌駕!時に圧倒的なライブ・パフォーマンスを誇るDJプレイを持って全国を飛び回り、その存在感を圧倒的に証明。既に11作(個人も合わせると30作強)以上に及ぶMIXTAPEのリリースを始め、その他数々のRemix、オリジナルトラック及びダブプレートを多く所有/発表し、自身のウェブサイトからその新作が繰り出されるや常に話題をかっさらう。OUTLOOK FESTIVAL 2012 -Japan Launch-ではメインアリーナにてプレイ、DOMMUNE出演の際はシカゴのレジェンダリーDJ “TRAXMAN”との絡みでも注目を集め、各主要フェスにひっぱりだこだった昨年に続き、目下シーンを選ばず筆頭大注目のThis is LEF!!! CREW!!! 2013年も引き続き世にはばかる。
DaBook
HIPHOP/R&Bを軸にMoonbahton/Moonbahsoul/TRAPなどの新興ジャンルまで、彼がプレイするサウンドの幅は広い。しかし、彼のプレイにはジャンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底に存在する "確かなもの=黒いグルーヴ" という価値観で捉えているからに他ならない。活動場所も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュージックパーティでの活動は最早特筆するまでもないが、新宿2丁目のR&Bイベント Shinjuku R&B Styleにレギュラー参加や、最先端サブカルチャー発信地、渋谷アシッドパンダカフェでも多数のパーティに参加。さらには、DEXPISTOLS率いる "ROC TRAX" 内の新レーベル "ROC TRAX BOOTLEG" よりリリースされた、 "MOOMBAHTON GODZILLA" のリリースパーティーに新人としては異例の抜擢をされるなど、こちらも無偏見かつフリーフォームに活動している。

<< Calendar

2014.11.15 Sat. BON–VOYAGE ANNEX
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1D) W/F2,000yen(1D)
・Genre HIP HOP/R&B/SOUL
・Artist RESIDENT DJ:Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY
DJ:BON-VOYAGE DJs
BON-VOYAGE DJs are SAKURAI,TOSHIYA,YO-GIN,Mah,TAK,YANMA
VJ:MK NYone
FOOD:裏サバスカレー


MICROCOSMOSの第3土曜は不動のパーティ"BON-VOYAGE"。スタートから10年目を越えるロングランパーティとして、渋谷のクラブシーンを牽引する。気心しれた仲間や、思いを寄せる大事な人、はたまた気楽におひとりでも。唯一無二の空間がここには拡がっている。

●ARTIST PROFILE
Mr. BEATS a.k.a. DJ CELORY
日本HIPHOPシーンの黎明期より、そのポジティブな姿勢と常に自然体であり続けるスタイルでシーンに確固たる地位を築いたSOUL SCREAM。そのサウンドを支えるプロデューサー&DJとして、日本HIP HOPシーン屈指の人気を誇るDJ CELORY a.k.a. Mr.BEATS。 93年頃からDJを初め94年にHAB I SCREAM、E.G.G MAN、ALG、SHIKI(97年に脱退)に出会いソウルスクリームを結成。以後現在に至るまで洋邦を問わずプロデュース&リミックスワークの多さで知られる一方でCLUB PLAYとしてのDJも大切にし、新木場ageHa、渋谷Harlem、Nuts、など数々のイベントで活躍中。また、HIPHOPアーティストのキングギドラ、ライムスター、DABO、餓鬼レンジャーのみならず佐野元春、佐藤竹善&Char、YMO、山嵐、などのRemixやディズニー公認によるディズニー・ブレイクス・アルバムにも楽曲を提供している。2003年3月には、HIP HOP、R&Bクリエイター陣が安室奈美恵と
コラボレートしたプロジェクトSUITE CHICにも参加し、より広い層にその存在感をアピールする事で枠に捕らわれないマルチな才能を発揮している。最近では、ZEEBRA 4th ALBUM「The New Begining」からの先行シングル「STREET DREAMS」の楽曲も担当し、高い評価を得ている。更に、国内だけでなく海外のアーティストとの仕事も積極的に行っており、JIGMASTAS(クリミナル&DJ スピナ)、TALIB KWELI とのコラボレーションやBLACK THOUGHT(THE ROOTS)、SISQO、O.C.、PEANUT BUTTER WOLFのRemixなど間違いないBEATを提供。音に対するこだわりがCELORY BEATを完全に確立、a.k.a.Mr BEATSの名にふさわしいサウンドを作り続けている。
DJ TOSHIYA
学生時代にSkateboardにはまった事がきっかけで、当時仲間がラジカセで流していたBLACK MUSIC、RAP、HIPHOPに出会う。その素晴らしさに魅了されるままにターンテーブルを購入し、1996年より地元山形県、宮城県仙台市等の CLUBにてDJとしてスキルを磨く。その後、20歳になると同時に活動拠点を東京に移し本格的にキャリアをSTARTさせた。上京後は現場(CLUB 等)でのDJをする傍らRAPグループ"闇アガリ"(現在活動休止)のDJとなりグループとしての活動をSTART。【闇アガリ】 MC マサカリ , MC KSK , DJ TOSHIYA , Hi-vinegar (trackmaker) 全国各地のCLUBやBIGフェス等、数々の現場を経験しUnderground HIPHOPシーンに確固たる地位を築いた。活動休止後は、渋谷FM当時の人気番組「Minami Active Style」にて約2年間DJ MIXを担当すると共に、BIGフェス「渚音楽祭」や「FUKUOKALOVE&COLLECTION」、「岡山響音楽祭」や、「CLUB LAVA」(台湾台北)等にもDJとして出演。自身初となる台湾でのDJ PLAYでは週末詰め掛けた約600人ものCloudを魅了した。また、”Nicki Minaj -Pink Friday Tour 2012- at Zepp Tokyo”や”CALVIN HARRIS -JAPAN TOUR 2012- at SOUNDMUSEUM VISION”等海外アーティスト来日時の東京公演では国内DJ代表として唯一の出演を果たしている。経験と実績に裏打ちされたそのDJ PLAYは既に実証済み。他にもDJ Neil Armstrong?, KELI HILSON , Che'Nelle , MYA , STEVIE HOANG , DJ Clark Kent…他

<< Calendar

2014.11.21 Fri. Vein Lounge Party featuring Kazuma Takahashi
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre Techno/Electro
・Artist Guest DJ : 
Kazuma Takahashi 
Line UP :
KAGuLA ( Rolling Thunder /  Vein )
DJ Tsuyuki (Mad as Noise)
BLUE COSMIC MONKEY ( Rolling Thunder )
Simon Jack
保和孤 ( Line )


「生命の根源にあるリズム(静脈)」を意味する。 “ Vein ”と名付けられたそのイベントがフォーカスするのは、創造性の溢れる次世代のアンダーグラウンドアーティスト達。
Guest DJとして、2008年よりDJとしてのキャリアをスタートし、burn Residency 2014 Japan winner としてスペインIbizaでの世界大会に出場し、全6000人の参加者の中から最終選考の6名に残り、約3ヶ月間Ibizaの有名クラブ(Privilege,Cafe Mambo,Ushuaia beach club)などのレジデントDJを経験したKazuma Takahashiが登場する。
レジデントDJには、このイベントのオーガナイズも務め、現在、人気、実力共に若手トップクラスを誇るKAGuLAや、年間80本以上のGigをこなし絶えず安定したパフォーマンスを見せるTSUYUKI(Mad as Noise)がベースを支える。


●ARTIST PROFILE
Kazuma Takahashi
2008年よりDJとしてのキャリアをスタートし、burn Residency 2014 Japan winner としてスペインIbizaでの世界大会に出場し、全6000人の参加者の中から2週間のBoot Campを経て最終選考の6名に残り、約3ヶ月間IbizaでのレジデントDJを経験。Techno,acidを中心にDisco~Houseの幅広い選 曲とサンプリングを駆使したMixingで観客を魅了させる。現在は東京を中心にDJ,Producerとして活躍中。
KAGuLA ( Rolling Thunder / Vein )
幼少より様々な楽器やダンスをしていた経験を活かし、2011年よりDJ活動をスタート。 EDM(エレクトロダンスミュージック)を得意し、渋谷の大型クラブであるwombやVISIONにてレギュラーイベントを持ち、メインアクトをこなしている。 見た目からは想像できない男勝りなサウンドと他に類を見ない選曲センスを武器に様々なイベントに出演し、Ken Ishii/石野卓球/DJ Yojiなど大物国内アーティストにとどまらず、Paul van dyk/TJR/Kill The Noise/Paris&Simo/Lucky Dateなど、世界TOP DJとも共演を果たしている。 2013年12月に行われたBurn DJプレコンテストでは見事優勝し、2014年4月に開催される本コンテストへの準決勝へシード枠としてコマを進めている。 また、2014年1月に幕張メッセで開催されたEDMの大型フェス"electrox"では、ibizaステージでの出演を果たすなど、確実に活躍の場を広げている。 現在は、新しい映像表現として話題のプロジェクションマッピングの音楽制作もこなし、夏の大型フェス"summer sonic2012"ではメインゲートの音楽も手がけた。 今後の活躍から目が離せない若き才能だ。
DJ Tsuyuki (Mad as Noise)
19歳でDJを始め、23歳の時に拠点を東京に移す。 東京に拠点を移してからは新木場ageHa、渋谷VISION、WOMB、club asiaなどのBIGPARTYにて多くの実績を積む。 Techno、Electronic、HouseなどをベースとしながらもEDM、Moombarton、Dubstep、Trap、Drum&Bassなど、BPMや曲調を縦横無尽に変える幅の広いMIX STYLEでAUDIENCEを湧かせている。 またMAD as noise(TCPT)としてユニットでも活動中。 ユニットではEDMパーティーを中心に活躍している。 新木場ageHa、渋谷VISION、WOMB、club asiaなどでメインアクトやレジデントも務めている。 今後、個人としてもユニットとしても目を離せない若手DJだろう。

<< Calendar

2014.11.22 Sat. BLACK MUNCHEE
・Open 24:00
・Charge ASK INFO
・Genre TECHNO
・Artist dj usus (from RIP SLYME)
and more


完全ドレスコード制になります。全身黒のアイテムを身につけてご入場下さい
黒を身に付けていない方はご入場できませんのでご了承下さい。
RIP SLYMEのSUこと、DJ ususによるレジデントパーティ"BLACK MUNCHEE”ドレスコードからドリンク、フード、フロアまで全てが黒の世界に。あなたの予想を遥かに超える世界が広がる妖艶な夜に身をゆだねてみては?

●ARTIST PROFILE
DJ usus(from RIP SLYME)
HIPHOPグループ・リップスライムのSU。リップスライム内では低音担当として日々ラップ。ビターでダンディなのにポップというコントラストの効いた存在で、絶大な知名度と人気を確立。反して。DJとしては、神出鬼没・無口にテクノが主流。虚像と現実のギャップで魅せるそのストイックなプレイスタイルは、理由なくクラウドを心酔させ、それはやがてハッピーエンドへと変わる。好きな時間は、朝4時と6時。
http://www.ripslyme.com
http://www.facebook.com/djusus


<< Calendar

2014.11.23 Sun. The DRUNK BROTHERS
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1d)
・Genre HOUSE
・Artist DJsThe Drunk Brothers(KENTARO TAKIZAWA/TOMOYUKI YASUDA)


あの酔いどれ兄弟が再び!!microcosmosに登場!。伝説のmicrocosmosから生まれた奇跡のユニット“The Drunk Brothers”彼らが長い充電期間を終え再活動開始!。KENTARO TAKIZAWAはmicrocosmosのレストランDJをこなしてからロングプレイ!。酔えば酔おう程切れるMIXに乞うご期待!。

●ARTIST PROFILE
The Drunk Brothers
渋谷の夜に突如結成した。酔いどれ兄弟ことThe Drunk Brothers。Kentaro Takizawa(瀧澤賢太郎)、TOMOYUKI YASUDA(WITT/WAVE MUSIC/VOICE OF VOICE TOKYO) からなる二人のダンスユニット。酔えば酔うほどプレイが切れる正に酔拳 OF DJ 。TAKIZAWAの東京育ちの酔いとYASUDAのNY仕込みの酔いがまさに奇跡のミックスを生む。現在『愛』をテーマに渋谷を酔い尽くす事に専念。まさに奇跡の酔いどれ兄弟。ダンスフロアーテキーラーボーイズの異名を取るダンスユニット

<< Calendar

2014.11.28 Fri. LABORATORIO
・Open 24:00
・Charge 1,000yen + 振る舞い酒(数量限定)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ:
LABORATORIO All Stars


渋谷のコンセプトビルディングPueblazoプロデュースによるパーティ"LABORATORIO"。様々なカルチャーが交差するこのパーティにはゆかりのある人々が多く集まり、華々しいパーティが繰り広げられる。

<< Calendar

2014.11.29 Sat. THE PARTY
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1d)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ:
DANGEROUS STRIPPERS and more!!


MICROCOSMOSが自信をもってお送りするパーティ"THE PARTY"。毎回キャリアのあるDJ陣がMICROCOSMOSという場所で通常とは違うセットを繰り広げるエクスクルーシブな一晩。今回は現在快進撃を続ける話題のユニットDANGEROUS STRIPPERSが初登場する!!今回も見逃せない!!

●ARTIST PROFILE
DANGEROUS STRIPPERS
Jazzin’park 栗原暁とDJ RYUZO。2つの個性が有機的に化合して結成されたユニットそれがDANGEROUS STRIPPERSだ。現在のクラブシーンのトレンドを瞬時に察知し、DANGEROUS STRIPPERSというフィルターを通して、フロアにドロップされるサウンドは聞いたものを、必ず虜にする。そのバックグランドとして、著名アーティストのプロデュースや自身のJazzin’parkでの制作を行ってきた音楽家栗原暁としてのアイデンティティ。そして、Fatboy Slim、Fedde le Grand、Axwellなど世界のTOPランクのDJ達と共演し、全く引けを取らないスキルを持つDJ RYUZOのアビリティ。これこそがDANGEROUS STRIPPERSを形成しているものであろう。また、常に進化をとげるDANGEROUS STRIPPERSは今もまさに進み続けている。

<< Calendar